読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じっと我慢は辛いだけ!

ゆっくりまったり書いてます。

事件の起きる場所は、崖・ホテル・温泉以外にも沢山ある

ここからは、いよいよ上級編です。

次の事件は、物から生まれた事件です、物といっても・・・

・花瓶(博物館などのサスペンスに使われています。)
・彫刻(「この彫刻は私のではない!」「では本物はどこへ行ったというんだ!」)
・花(京都の事件に多いです。)

その他にも、作家・舞子など沢山あります。

 

そしてダイエットと言えば「スルスル酵素は楽天が一番安い?どこで買えば最安値なの?」ですね。

その中でも、今回のキーワードは「絵」です。

本のタイトル・・・黙りの部屋
著書・・・折原一
内容・・・「古物の店で出会った奇妙な絵」「謎の画家」そして・・・「誘拐」「監禁」「謎の招待状」
石田黙に魅せられた美術雑誌の編集長が巻き込まれていくという不可解なミステリー小説

(今回の小説は、長編小説でミステリーな事がタップリ詰まった芸術に関する小説です。こんな美術館や博物館があったらまず行きませんよね・・・)


これを読んだ事がある人は、こちらもオススメです。
・螺旋館の奇想(著者は上と一緒です。)